ALICE(アリス)
(2001/6一部書き直しました)


アリスのメンバー紹介

谷村 新司(リーダ.Vocal,Guitar)通称チンペイ

今や日本を代表するシンガー。アリス時代はベーヤンこと堀内孝雄と2人で作詞、作曲したものが多く、名曲も数多くあります。
またMCが上手(?)だったので、アリス時代には文化放送の「セイ・ヤング」や毎日放送の「ヤングタウン」のDJをやっておりました。最近ではフジTV「ボキャブラ天国」の司会をやるなど、歌以外での活躍
アリス時代からソロアルバムを出している。また著書も多い。

堀内 孝雄(Guitar,Vocal) 通称ベーヤン

今や日本を代表するシンガー(といってもアリス時代とは180度転換し、演歌系の歌が多い。)
アリス時代には、ソロで歌った曲は少ないが、曲の途中の掛け声がやたら多いような面もあった。アリス時代のソロでは「君のひとみは10000ボルト」「南回帰線」(滝ともはるとのデュエット)のヒット曲を出している。
昔はやたらMCで喋ることが少なかった。

矢沢 透(Percussions) 通称キンチャン

谷村新司に誘われてアリスに加入。ボンゴとかコンガなどの打楽器を担当。途中からドラムを叩いていた。
歌はほとんど歌っていませんでしたが1978年1月「バラエティツアー」というソロアルバムを出し、その中で7曲も歌っておりました。
活動休止後、音楽活動とも離れる。現在都内の串焼き店のオーナーになっているようです。

その歴史など

デビューは1972年「走っておいで恋人よ」。最初は谷村新司と堀内孝雄の二人組で、1年後矢沢透が加入。最初はギター2本とパーカッションという珍しいバンド構成であった。

デビューからの約3年間はあまりぱっとせず、コンサート(うち1974年には年間303ステージの記録を作る)とアルバム作りの日々が続く。
1975年に発表した「今はもうだれも」がヒットしたのを機に、コンサートの観客動員数が増える。その後「帰らざる日々」、「さらば青春の時」、「冬の稲妻」のヒット曲が続く。

1975年の共立講堂、1977年の新宿厚生年金会館5日間リサイタルの成功を機に、1978年武道館でコンサートを行った最初のニューミュージックアーティストとなる。武道館公演のタイトルは「栄光の脱出」。
翌1979年再度武道館でコンサートを行い、全盛期を迎える。1981年には後楽園球場でも3万人を集めてコンサートを行なった。

オリジナルアルバムを9枚とライブアルバム5枚を残し、1981年秋「3人だけの後楽園」を最後に活動停止。
活動停止後、1987年に10枚目のオリジナルアルバム「ALICE X」を発表。(この時はアルバム発表とミュージックフェアーに出演したのみ)
以後何度も「復活」の声がありましたが、スケジュールの都合(?)でなかなか実現することが出来ず、2000年12月31日NHK紅白歌合戦出場を機に20年ぶりに復活する。2001年、20年ぶりに神戸を皮切り(1/17)に7月から東京、札幌、名古屋、福岡、大阪でコンサートツアーが行われる。

おまけ・・・

1976年〜約5年間、ラジオの深夜番組「セイヤング」で谷村新司がDJをやっていて、“天才・秀才・バカ”が一躍名物コーナーに。

「アリスの飛行船」というファンクラブがあって、解散するまでの3年間ファンクラブに入っていました。時々、会報とともにメンバーの3人のナマの声が入っているソノシートが送られてきました。(このファンクラブはいつまで続いたのでしょうか????)